5歳児 9月の月案・週案の文例

保育の引き出し
HIROKO
HIROKO

こんにちは!

「すてきな保育士の仕事」を運営しておりますHIROKOです。

私は保育士として、区立・私立の認可保育園での勤務経験を持ち、認可外保育園を7年間運営者しておりました。

現在は子育てをしながら保育士の相談を受けたり、サイトの運営をしています。

詳しいプロフィールはこちら

\月案・週案を書いている保育士さんへ/

毎月の月案・週案、辛いですよね・・・

毎月、勤務時間内に月案・週案の作業が終わらず持ち帰って夜中に作業するという繰り返し。

「いったい、他の園ではどのようにしているの?」

と感じる方も多いはず。

仕事の効率化、人間関係、保育への価値観が合わないなど

今の勤務先が辛い・・と感じているあなた、

他の園の状況を知る事で自分の立ち位置を知ることができます。

すぐに転職を考えない場合でも、転職エージェントの担当者からは他園の情報をたくさん聞く事ができます!

当サイトおすすめの信頼できる転職エージェント「マイナビ保育士」でも、所要時間1分の会員登録完了後に求人検索や無料相談ができます。

転職エージェントに無料相談してみる

毎月の月案・週案、今回はどういうものにしたら良いか毎回悩まれている保育士さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、この時期の年齢に合った月案と週案の文例について取り上げます。

是非参考にしてみてくださいね!

月のねらい

・一人ひとりが十分に自己発揮できるよう個々を把握し、適切な援助をする。

・夏の疲れに留意し、体調に気をつけてみていく。

ねらいへの配慮

・一人ひとりの子どもたちのよい面を十分に伸ばせるよう小さなことでもほめていく。

また、苦手な部分や発揮しきれない部分の原因をよく考え、心の援助を心がけていく。

・特に長期登園していた子や欠席していた子にしっかり目を向けていく。

行事

・身体測定
・敬老の日
・誕生会
・秋分の日
・避難訓練

活動内容

運  動 ケンケンバ、巧技台、ジャングルジム、はんと
歌・音楽 「こおろぎ」「かめの遠足」「手のひらを太陽に
遊  戯 「身体表現」(クラシック、民謡、太鼓など)
お話し他 長編「エルマーとりゅう」「あしたは月曜日
折り 紙 動物
絵  画 草花観察
恩  物 童具

5領域の視点

対人・情緒

・自分の名前を堂々と「○○ (フルネーム)です」と言えるか。

・聞かれた質問に堂々と答えられるか。

・就学に向けての意識はどうか。(期待? 不安?)

・友達関係で気になるところはあるか。

生活・健康 

・夏の疲れが出ていないか。

・生活リズムの乱れはどうか。

・生活習慣の乱れはどうか。

・排泄を状況に合わせて考えていけるか。

言葉・理解 

・五十音をはっきり出せているか。

・生活用語は使えているか。

・ルールを守ろうとしているか。理解しているか。

・お年寄りへの関心・理解はどうか。

運動

・全力で走れるか。

・全身のバランスで気になるところは?

・ケンケンパができるか。

・公園のジャングルジムに登れるか。

・プールで浮くことができるか。

表現・感覚 

・音楽に合わせた動きの反応はどうか。

・リズムに合わせて動けるか。

・草花観察のとらえはどうか。よくみているか。

・動物への関心はどうか。

生活・遊びのねらい及び環境構成

〈情緒〉

◎自信をもって声を出す。

・人前に立って話す機会を増やす。(夏の思い出発表・発表当番など)

・自分の意思・意見をはっきり声に出すことの大切さを話題にしていく。

・名前を呼んで出欠席を取ることを取り入れていく。

・園長先生に就学に向けてのお話をしていただく。

〈生活〉

◎時間を意識して生活をする。

・規則正しい生活の流れについて話題にする。

・生活の見通しに時間のめやすをつけたものをホワイトボードで示していく。

・○時○分から始まるなど、あえて担任が時間を声に出して知らせることで、関心を広げていく。

◎状況に応じて排泄をすませる。

・遊びの途中、活動の途中にトイレに行くことについて考えてみる。

時間をつくる。(本人の不都合・他者への迷惑)

・活動の合間に間接的な声かけをしてみる。

・途中での排泄となった場合、そのときの気持ちを大事に話していく。

・一人ひとりに排尿間隔が違うことも声にしていく。

〈遊び〉

◎お年寄りに対する感謝

・いたわりの気持ちをもつ。

・今と昔の違いについて、園長先生や身近な方に教えていただく。

・自分の祖父母の今までの仕事など、家族から聞く時間を話題にしてみる。

・プレゼント作りを楽しむ。

◎曲のイメージに合わせた身体表現を楽しむ。

・音楽や太鼓など、さまざまなものをちょっとした時間に使っていく。

・担任からの動き、子からの動きをたくさん取り入れ楽しんでいく。

◎ルールを守って競い合う楽しさを知る。

・ルールについては子どもと一緒に決めていく。

・不都合が起きたときには話し合いのチャンスとしていく。

◎動物への興味・関心を深める。

・本物の動物のビデオを見る機会を増やしていく。

・折り紙の動物の折り方図を用意し、出しておく。

・図鑑を出しておく。

配慮事項

〈情緒〉 

・自分の名前や貿問されたことには堂々と答えることが素晴らしいことであり、気持ちよいことである。

わからないことは「わかりません」としっかり声に出すことが悪いことではないことを、担任自らが声に出して伝えていく。

・自信のない子には確実に笞えられる質問や毎回同じことを聞いていくなど、安心して声に出せるよう内容の工夫をしていく。

場を多くもつことにより、安心して声を出せる機会を増やしていく。

〈生活〉

・夏期保育中の生活リズムの乱れを考慮しながら、一学期を振り返る。

生活時間をみんなで考えてみることで気持ちを高めていく。

・生活にリズムがあること、めやすになる時間があることを担任自らの生活で示す。

クラスの雰囲気を盛り上げていくことで、関心の薄い子をひきつけていくが無理じいはしない。

・家庭にも知らせ、朝の身支度など自ら意識して動く経験を大切にしていく。

・排泄は無理にさせていくのではなく、自ら考えてできるように声かけを工夫していく。

あまり神経質な子にはかえって声かけは少なくしていく。

・状況を考え排泄に行っておいてよかったこと、行かずに困ったことを大いに話題にしていく。

“行かなきゃいけない”という雰囲気にならず、自ら考えられるようにする。

〈遊び〉

・遊び方・洗濯の仕方・食事面など、今と昔の違いを教えてもらう。

それらを考えてみることで、お年寄りを敬う気持ちにつながるよう一緒に共感していく。

・身近な祖父母の昔の話を聞く機会を促す。

自分への見返りのありがたさだけでなく、尊ぶ気持ちに気づけるよう一緒に感動しながら対応していく。

・プレゼント作りでは、相手が喜んでくれることを楽しみにして作れるように盛り上げていく。

・大人も一緒に楽しみながら、なかなか動きについてこれない子に楽しさが伝わるよう、雰囲気づくりを大切にする。

上手・下手はないこと、のびのび楽しむことを大切に接していくよう心がけていき、10月につなげていきたい。

・さまざまなテンポの曲を取り入れ、表現することの楽しさを味わえるようにしていく。

・“ずるい”ということについて、子の気持ちを整理していくようにかかわっていく。

準備や構成などは、子かスムーズにしやすいよう、前もってしっかり工夫しておく。

・ルールを守って遊ぶことの楽しさ、守らないことの不快さを十分に感じていけるようにかかわっていく。

・常に遊びのなかに動物に関するものを取り上げておき、子が関心をもったときに多く取り入れていく。

ビデオは早めに用意し、様々なものに触れられるようにする。

特に気になる子への配慮事項

・A子……このところ不安定で泣くことが多い。→

家庭の事情もあるのか夏期保育の休みの多さからくる寂しさなのか、初旬によく見ていく。

気になるようであれば、保護者に状況を聞いてみる。

・B男・C子・ D男・E男……夏期保育の休みが多く、慣れるまで情緒不安定が予測される。

あえて気にせずにかかわりながら、園生活の楽しさに導いていくようにする。

毎朝のさりげない会話を心がけていく。

また、友達の遊びを知らせたり友達の輪に入りやすい雰囲気をつくっていく。

\保育士の年収は上がらない・・ と思っているあなた/

保育士の年収は上がらない・・
と思っているあなた!
保育士の年収は交渉できることを知っていますか?
自分で交渉なんてできない・・と思っている保育士さんも大丈夫!
年収の交渉は、転職エージェントが行ってくれます!

保育の引き出し月案・週案の文例
すてきな保育士の仕事
error: Content is protected !!
おすすめの転職エージェント「マイナビ保育士」
無料登録はこちら
おすすめの転職エージェント「マイナビ保育士」
無料登録はこちら