4歳児 9月の月案・週案の文例

保育の引き出し
HIROKO
HIROKO

こんにちは!

「すてきな保育士の仕事」を運営しておりますHIROKOです。

私は保育士として、区立・私立の認可保育園での勤務経験を持ち、認可外保育園を7年間運営者しておりました。

現在は子育てをしながら保育士の相談を受けたり、サイトの運営をしています。

詳しいプロフィールはこちら

\月案・週案を書いている保育士さんへ/

毎月の月案・週案、辛いですよね・・・

毎月、勤務時間内に月案・週案の作業が終わらず持ち帰って夜中に作業するという繰り返し。

「いったい、他の園ではどのようにしているの?」

と感じる方も多いはず。

仕事の効率化、人間関係、保育への価値観が合わないなど

今の勤務先が辛い・・と感じているあなた、

他の園の状況を知る事で自分の立ち位置を知ることができます。

すぐに転職を考えない場合でも、転職エージェントの担当者からは他園の情報をたくさん聞く事ができます!

当サイトおすすめの信頼できる転職エージェント「マイナビ保育士」でも、所要時間1分の会員登録完了後に求人検索や無料相談ができます。

転職エージェントに無料相談してみる

毎月の月案・週案、今回はどういうものにしたら良いか毎回悩まれている保育士さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、この時期の年齢に合った月案と週案の文例について取り上げます。是非参考にしてみてくださいね!

月のねらい

・夏の疲れに気をつけ体調に目を向ける。

・情緒の安定を図り、生活のリズムを整える。

ねらいへの配慮

・視診、触診をしっかり行う。

・「もう大丈夫でしよ」「わかるね」などメリハリのあるかかわりをしながら、子が自分で気持ちを切り替えられるようにしていく。

行事

・身体測定
・敬老の日
・誕生会
・秋分の日
・避難訓練

活動内容

運  動 スキップ、ギャロップ、巧技台、プール
歌・音楽 「トンボのめがね」「運動会のうた」
遊  戯 海賊船乗りをテーマとした曲
お話し他 「かぐや姫」「海賊船乗りの話」
折り 紙 構成(四角ふくろ折り)
絵  画 イメージ画、模様、絵の具遊び
恩  物 第7

5領域の視点

対人・情緒 

・相手を意識して行動しているか。

・相手の気持ちを理解して、譲ったり優しく接することができたか。

・祖父母に対して親しみをもって接することかできたか。

生活・健康

・夏の疲れは出ていないか、生活のリズムは乱れていないか。

・集中して食事ができているか。

・食事時間を意識して食べているか。

・排泄後の手洗いに対して意識をもってできているか。

・丁寧に手洗いができているか。

・洗顔、歯磨きなど朝の身支度を自分でしてから登園しているか。

言葉・理解 

・相手の気持ちを理解して声かけできているか。

・ルールを守って遊ぶことに楽しさを感じているか。

・活動に主体的に参加、また勝敗を意識して競い合いを楽しめているか。

運動

・かけっこや遊技、競技など意欲的に参加しているか。

・ギャロップ、スキップができるか。

・遊具のサーキット遊びへの参加はできているか。

表現・感覚

・プレゼント製作など細かい作業に集中して取り組めたか。

生活・遊びのねらい及び環境構成

〈情緒・人間関係〉 

○相手の気持ちを考え行動する。

・人間関係の中でその都度相手にも気持ちがあることを伝えながら、人とのつきあい方を覚えていけるようにする。

〈生活〉 

○時間を決めて集中して食べようとする。

・食事カードを継続的に利用していく。

・午前食は30分間・午後食は20分間程度を目安にし、子ともたちと相談しながら進めていく。

○排泄後に手を洗う習慣を身につける。

・他クラスにも協力してもらい、幼児全体で意識を高めていく。

・「サンダルを揃える前に手洗い」など、行動をあえて言葉にして、意識を向けさせる。

○朝に顔を洗うことを意識する。

・朝起きてからの生活の流れを話題にすると同時になぜ顔を洗うのかを考え、意識を向けていく。

・クラス便りを通して、家庭の協力をお願いする。

〈遊び〉

○祖父母について考え、地域のお年寄りにも親しみをもってかかわる。

・日常の祖父母とのかかわり、存在について話題にし、意識を向けていく。

・祖父母とかかわるときの遊び方や、声のかけ方など、事前に話しておく。

・地域の老人を招いて、伝承遊びなどの機会をつくっていく。

○ルールを守って競い合う楽しさを知る。

・競技内容を子どもと一緒に考え、取り入れていく。

・勝敗を意識できるようにメリハリをつけたかかわりをしていく。

・勝敗を表にするなど目標をはっきりもたせると同時に、雰囲気を盛り上げていく。

○ギャロップ、スキップに関心をもち、楽しむ。

・遊戯に限らず、サーキット遊びなど全身を使ったいろいろな動きを取り入れながら楽しんでいく。

配慮事項

〈情緒・人間間係〉 

・日々のトラブルのなかでの具体例などをあえて活用していく。

・絵本や紙芝居、日常生活のなかでの出来事などを用い、我慢する心、いたわる心、思いやる心などを具体的に話題にし、考える機会をつくっていく。

〈生活〉

・食事中のお話や、遊び食べにならないように話題にし、集中して食べるように促す。

また、嫌いな食品の食べ方の工夫など例をあげて励ましていく。

・早く食べることによってマナーや行儀が悪くなることがないようにする。

・排泄後の手洗いについて子どもたちに話題にすることはもちろん、トイレの前で子どもたちの様子を見ながら声かけをし意識を高めていく。

また、できている子をほめることで幼児部全体で雰囲気をつくっていく。

・顔を洗うことですっきり目覚めることや、目やになどがきれいにとれることを具体的に話題にして意識を向けていく。

起床時間やトイレ、歯磨き、著替えなどについても話題にする。

園生活の中でもそのつど話題にして、促していく。

・クラス便りにねらいを書き、家庭との協力体制も大切にしていく。

〈遊び〉 

・勝ち負けの意識、自覚の薄い子も多いので、勝ったチームを大げさにほめたり、負けたことを悔しいと思い、次回への挑戦に向けていくなど雰囲気をつくっていく。

また「勝つための作戦」などその気になるような誘いかけをしていく。

・遊びながらかけっこ、競技のルールを覚えられるようにする。(ゴールまで走りきる・手をつないでバトンタッチする・並んで待つなど)

・ギャロップ、スキップなどを遊戯のなかに取り入れ、曲に合わせて身体を動かすことを楽しんでいく。

ステップだけでなく、曲に合わせてリズミカルに身体を動かすことの楽しさを感じることを主に配慮していく。

・ギャロップ、スキップのできない子へは苦手意識をもたせないようにする。

友違のなかで自然と経験を増やしながら取り入れていく。

朝の園庭遊ぴの時間などに意識的に機会をつくっていく。

・手足の指先まで伸ばすこと、皆と揃えて踊ることの楽しさをビデオなど視覚的教材を用いて伝えていく。

・祖父母とのかかわりの様子や思い出など、子どもたちの経験から話題を引き出していき、敬老の日の感謝につなげていく。

・園外保育などで出会う地域のお年寄りにも挨拶をするように促していく。

・老人との交流会では、挨拶をしてから遊ぶことや自分たちだけの楽しみにならずに一緒に楽しむ機会がもてるように気配りをしながら見守る。

交流会等で教えていただいたことは、その後の保育にも生かしていく。

・伝承遊びや折り紙など、遊びのきっかけとなりやすいものを適宜用意しておく。

特に気になる子への配慮事項

・S君……遊びに集中できない。食事に時間がかかり、食事カードに関心がない。

→ 好きな遊びを見つけ。生活にメリハリをつける。食事は個別にかかわり、さらっと「早く食べようね」「大丈夫だよね」などとかかわる。

・H君……登園時に泣いて登園する。ささいなことで情緒を乱す。

→ 泣いて表現するのではなく、泣かずに言葉で意思表示することを伝えていく。

→ 様子を見ながらではあるが、大人の顔色をうかがう態度については担任間で打ち合わせ、対応していく。

\保育士の年収は上がらない・・ と思っているあなた/

保育士の年収は上がらない・・
と思っているあなた!
保育士の年収は交渉できることを知っていますか?
自分で交渉なんてできない・・と思っている保育士さんも大丈夫!
年収の交渉は、転職エージェントが行ってくれます!

保育の引き出し月案・週案の文例
すてきな保育士の仕事
error: Content is protected !!
おすすめの転職エージェント「マイナビ保育士」
無料登録はこちら
おすすめの転職エージェント「マイナビ保育士」
無料登録はこちら